Warning: readfile(/module_head.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/tetsuya/drama-english.com/public_html/englishstudy.php on line 9
海外ドラマ以外の英語学習法 - 外資系企業で働く先輩の教え
バカヤロー!

バカヤロー!海外ドラマを観るだけで
英語ができるようになったら世話ねぇーよ!

とあるレストランで、久しぶりに大学時代の先輩と飲み明かしながら、英語の学習法について話していた時に言われたひと言です。。

現在、この先輩は外資系企業に勤め、英語を母国語のように使いこなしながらバリバリ働き、高給を取っているやり手の企業戦士です。

とても学びの多い会話だったので、当サイトの読者の皆様にシェアしたいと思います!

教え その1 とにかく英語を耳にする時間を1分でも増やせ!
教え その2 とにかく1語でもいいから単語量を増やせ!

僕 :先輩。今、外資系に勤めているんですよね?やっぱり、外資って英語できないと通用しないんですよね?

先輩:当たり前だろ!クライアントや同僚には外国人は当たり前のようにいるからな。英語も日本語もねぇーよ。どっちもできて当たり前だよ。

僕 :確かに、先輩は大学時代から英語ができましたけど、留学経験とかないですよね?どうやって英語を使えるようになったんですか?

先輩:どうもこうもねぇーよ。ただ、ひたすら勉強あるのみだよ。日本語に触れる時間より英語に触れる時間が増えれば、自然と英語なんて覚えるもんだよ。

僕 :そんな簡単なもんですかねぇー??

先輩:だいたい、英語って世界で一番使われている言葉だよな?ってことは、裏を返せば、世界で一番簡単な言語ってことだ。英語が難しかったら、世界で使われる言葉にはならんだろう。簡単だから世界言語として選ばれたんだよ。

僕 :なるほどー!確かに、そう考えることもできますね。英語は世界一簡単な言語かぁー。英語学習者にとっては、勇気の出る名言ですね!

先輩:日本語に比べたら、笑っちゃうくらい簡単だよ、英語なんて!だって、お前、日本語って「ひらがな」「カタカナ」「漢字」って3つもあるんだぞっ。そんな3つも覚えないと使いこなせない日本語を、当たり前のように使える日本人が英語が使えないはずないだろう!

僕 :でも、実際問題、日本人の英語力って世界的にみても下から数えた方が早いくらいですよね?先輩のようにペラペラな人って海外生活が長かった人や、先輩のように超人的な人だけじゃないですか?

先輩:それは、先入観の問題だよ。「英語は難しい」という先入観に犯されているだけだよ。だから、無意識レベルで「自分に英語なんてできるはずがない」と思っちゃってるんだよ。

僕 :自分自身で「英語は難しい」という壁を作ってしまっているということですか?

先輩:まさに、その通り!「難しい事を学んでいるんだ」と思っている時点で、もう負けだよ。世界一簡単な言語を学んでいると考えることからすべてが始まるんだよっ!

僕 :まずは、意識の問題ってことなんですね。

先輩:そうそう!まずは、意識をリセットする。「英語は簡単だ」という意識を無理矢理でもいいから自分自身の中に植え付けるんだよ!
あとは、英語に触れる時間を1分でも増やすだけだよ。

僕 :やっぱり、1分でも英語に触れる時間が多い方がいいんですか?

先輩:当たり前だろー!お前、日本語、どうやって覚えたんだよ。日本語に触れるのが当たり前の環境にいたから覚えたんだよなぁ。ってことは、日本語に触れまくったということだろ?

僕 :確かにそうですね。。僕ら日本人って、日本語に触れまくっているんですよね。だから、日本語が普通に話せる。当たり前すぎて見逃していました。。

先輩:そうなんだよっ!みんなこの事実を忘れているんだよ。俺ら日本人がなぜ日本語を使いこなせるのか?それは、日本語に触れまくってきたからだよ。それ以外、考えられないだろ。

僕 :ということは、英語に触れる時間を増やせば増やすほど・・・

先輩:英語が使えるようになるってことだよ!魔法なんてないんだよ。とにかく、英語に触れる時間を1分でも多く増やすこと!それ以外ないっ(キッパリ)!あったら、俺が知りたいくらいだ。。

僕 :そうそう、先輩。僕、こんなサイト運営しているんですよ。(無線LAN搭載のノートブックでこのサイトを見せる)

先輩:海外ドラマから学ぶ英会話・・・これ、お前のサイトか?

僕 :そうなんです!僕、海外ドラマって英語の勉強に最適かなぁーと思って、こんなサイトを立ち上げたんですよ。

先輩:いいんじゃないか。海外ドラマって映画に比べたら日常的に使う会話って多いからな。映画は非日常的な英語が多すぎる。。アメリカの大学じゃ、映画で使われている英語を研究する授業もあるくらいだからなっ。

僕 :ですよねっ!海外ドラマって英語の勉強に最適ですよねっ。僕なんか、今となっては、英語の勉強っていったら海外ドラマを観るくらいですよっ。

先輩:お前、英語が使えるようになりたいのに、海外ドラマしか観てないのか・・・?
バカヤロー!海外ドラマを観るだけで英語ができるようになったら世話ねぇーよ!

僕 :ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

先輩:なに、固まってるんだよ!当たり前だろっ。海外ドラマ観るだけで英語ができるようになるわけねぇーだろ!

僕 :えっ、マジっすか?? なっ、なんで・・・?

先輩:だって、よく考えてみろよ。海外ドラマ観るっていっても、1日に何時間も観れるわけじゃないだろ?仮に毎日2時間観ても、残りの時間が日本語に触れるばかりの時間だったら意味ねぇーよ!そんなに甘くねぇーよ。

僕 :そうなんですかっ?(汗)

先輩:そりゃそうだろ・・・。しかも、海外ドラマって誰でも楽しめるように作ってあるから、ついついストーリーに観入って、英語の勉強どころじゃなくなるだろ?

僕 :確かにそうかも・・・。

先輩:最初は英語の勉強のために海外ドラマ観ても、途中で続きが気になってしょうがなくなって、全部観終わった頃には覚えているフレーズってほんの少しってパターンになるんじゃないか?ストーリーには満足しているかもしれないけど。。

僕 :ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!   確かに、そのパターン多いっすね。。。

先輩:お前みたいに、こういったサイトを運営していれば、あとあと復習にもなるかもしれないけどな。。普通に何気なく海外ドラマを観るだけじゃ英語なんてマスターできんっ!甘すぎるよっ!

僕 :やっぱ、そうっすかぁ・・・。

先輩:だいたい、海外ドラマを観て英語の勉強って受け身だろ!受け身の姿勢から得られるものなんか、たかがしれてるよっ。

僕 :海外ドラマは受け身の姿勢ですかぁ・・・。

先輩:そうだよ。ちゃんと別に英語の勉強していて、それプラスで海外ドラマなら効果はあるかもしれないけどな。

僕 :先輩はどんな勉強をしてきたんですか?教えて下さいよっ。

先輩:教えてやってもいいけど、1つだけ覚えておいて欲しいことがある。

僕 :なんですか?

先輩:例えば、俺がお前に「この映画おもしろいから観に行ってみなよ!」って勧めたとするよな?その映画がお前にとって100%面白いことってあるか?

僕 :100%はないですね。でも、先輩のオススメなら観に行っちゃいそうですけど。

先輩:大切なことは、人には向き不向きがあることだ。友達の○○ちゃんが、あの○○という教材で英語力を伸ばしたって話を聞いても、それが自分に合うかどうかは未知数なんだよ。

僕 :人それぞれ最適な英語教材や勉強法があるってことですか?

先輩:そうだよ。もっと分かりやすい例をだしてやるよ。お前、俺の彼女、覚えているよな?

僕 :はい、目ん玉飛び出るくらい美人ですよね。いいなぁー、先輩、ちょーうらやましいっすよ!

先輩:確かにいい女だよ!でもな・・・あいつがお前にとって彼女として最適かどうかは未知数だよな?っていうか、お前じゃあいつの相手は無理だっ!

僕 :そっ、そんな・・・ハッキリ言わなくても・・・。

先輩:勘違いするなっ。お前にはもっと最適な彼女がいるってことだよ!お前がもっと自分らしくいられる彼女がな。

僕 :はい・・・。

先輩:つまりな・・・、世の中でいい女と言われている女がお前にとっていい女かどうかは分からないってことだよ!そして、この考え方は英語の勉強にも言えるんだよ。

僕 :なるほど・・・、先輩の彼女は確かにいい女ですが、僕にとっていい女かどうかは分からないってことですねっ。

先輩:そうだよ。人それぞれなんだよ。そして、女の子の場合は付き合ってみないと分からないけど、英語教材の場合はお試し期間が使えるからそれを利用するんだよ。たまに、恋愛にもお試し期間があるといいなぁーとか思う時もあるけどな・・・(笑)

僕 :ハッハッハ!いいですねっ、恋愛お試し期間って!

先輩:で、そのお試し期間で、その教材が自分に合った英語の勉強法なのかどうかを見極めるんだよ。
この時に大切な事は、絶対に世間の評価で決めないこと!自分の直感に従うんだよっ。

僕 :自分の直感に従う・・・?なんか、かっこいいっすねっ!

先輩:そうだよ!自分の直感、自分の心の声に従うんだよ!世の中の多くの人間は他人に依存しすぎなんだよ。人の目を気にしているやつばかりだ。。
だから、世間の評価で英語教材を選んでしまう。。それじゃ、ダメなんだよ。だって、自分の彼女を他人に決めてもらうか?自分で決めるだろ?自分の直感だろ?それと同じなんだよ、英語の勉強も。

僕 :なるほどー。己を信じるってことですねっ。先輩の超人的なところって、そういった視点から産み出されているのかもしれませんね。

先輩:別に俺は超人的でもなんでもないよっ。むしろ、普通の人間だよ。でも、多くの人は自分の直感を信じなさすぎる。。。

僕 :まとめると、英語の教材を選ぶには、まずお試し期間を利用して、自分に合った英語の勉強法かどうかを見極める。そして、世間の評価で決めるのではなく、自分の直感を信じて決断するってことですね。

先輩:Exactly!(その通り!)




外資系企業で働く先輩の教え その1

とにかく英語を耳にする時間を1分でも増やせ!

先輩:さっきも言ったけど、英語に触れる時間を1分でも増やすことが一番重要なんだよ。

僕 :はいっ!英語環境を作るってことですね!

先輩:そうそう。そのためにはどんなことが必要だと思う?

僕 :うーん、例えば、通勤や通学の移動時間やちょっとした空き時間を有効に使ったりすることですかね・・・?

先輩:その通り!常に、iPodなどの携帯型の音楽プレーヤーに英語の音声を入れて持ち歩くことで、英語に触れる時間を1分でも増やすことができるんだよ!

僕 :ってことは、アレですね?

先輩:おっ、思い出したか。俺が学生時代にお前に勧めたアレだよ。

僕 :スピードラーニングですねっ!最近、高校生プロゴルファーの石川遼くんも使っている英会話リスニング教材「スピードラーニング」ですね!

先輩:そうだよっ!スピードラーニング。聞き流すだけで英語をマスターできると宣伝しているアレだ。

僕 :なつかしいなぁー。僕も先輩が使ってるって知ってから、さっそく真似したんですよね。毎月1枚ネイティブの英会話が収録されているCDが送られてくるんですよね。オーストラリアの語学学校に行く前まで続けていましたね。

先輩:お前の良いところは行動が早いところだな。オーストラリアでもけっこう役立ったんだじゃないか?スピードラーニング。

僕 :そうですね。語学学校では、日本人としてはめずらしく中級クラスからのスタートでしたね、僕は。同時期の日本人はほとんどが一番下の初級クラスからのスタートでしたからね。

先輩:語学学校の初級クラスって日本人ばっかりなんだろ?

僕 :そうなんですよ。日本人と韓国人ばかりです。。でも、中級クラスになると、ドイツ人とかヨーロピアンがけっこういるんですよ。

先輩:そうか、そうか、よかったなっ!外国に行く前に英語環境を手に入れておいて!

僕 :えっ・・・??なるほどー。あの時は先輩が使っていたからただ単に真似しただけだったんですけど、スピードラーニングを使って英語の勉強をすること自体が英語環境を手にしているってことだったんですね。

先輩:その通り!大切なことは、聞き流すだけで英語をマスターできるかどうかじゃないんだよ。英語環境を作って1分でも多く英語を耳にする環境を手にすることなんだよ。

僕 :よく、「聞き流すだけで英語なんてできるようになる訳ないじゃん!」って言っている人っていますよね。そういえば、僕も言われたことあるなぁー。。

先輩:いるいる!そういう奴に限って、移動中に音楽聞いていたりして。。だから、いつまでたっても英語ができるようにならない。。。さっきも言ったけど、大切なことは、とにかく英語に触れる時間を1分でもいいから増やすことなんだよ。そこから、すべてが始まるんだよ。

僕 :僕は学生時代、大学までの通学時間が往復で3時間もあったので、とにかくスピードラーニングのCDをなんとなく聞き流していましたね。

先輩:お前がもしその3時間を音楽を聴くことに使っていたらどうなる?

僕 :すごい差でしょうね。。考えるだけでゾッとします。オーストラリアの語学学校では間違いなく初級クラスからのスタートでしたでしょうね。

先輩:だろ!1日3時間ってことは、365日で1095時間だ。1095時間ってことは、24時間で割ると約45日だ。英語環境を手にしているやつとしてないやつでは、これだけの差がついちゃうんだよ。

僕 :こうやって改めて数字で計算してみると、すごい差ですねー。。

先輩:スピードラーニングに申し込むと、初回セットが1週間後くらいに贈られてくるぞ。

僕 :この中に無料の試聴用CDが入っているんですよね

先輩:そうそう、まずはこの無料の試聴用CDを試すんだよ。10日以内なら返品可能だから、この試聴用CDを聞いてみて合わなかったら返品すればいい。

僕 :試聴用CD以外のパッケージは最初に開封したらダメなんですよね?

先輩:そうそう、試聴用CDを聞いてみて、このまま学習し続けようと思ったら、初回セットに入っている第1巻と第2巻を開封して、英語環境をゲットすればいい。

僕 :初回セットは第1巻と第2巻の2つが入っているから9,870円。翌月以降は毎月1巻ずつ届くので、月額4,200円。

先輩:月に1回飲み会に参加するのを我慢すれば支払えれる額で英語環境がゲットできるからな。英語が使える人生を歩みたかったら、このくらいは投資しないとな。

僕 :確か、途中でいつでも解約できるんですよね?

先輩:いつでも解約できるし、いつでも再開もできるんだよ!英会話学校のように最初に高額に受講料を支払う必要がないから気軽にはじめらるというわけ。

僕 :僕は最初ぜんぜん英語が上達しているように感じなかったんですよね。でも、半年後くらいからどんどん聞き取れてきて。

先輩:俺の場合も半年後くらいから効果が現れてきたよ。

僕 :あと、スピードラーニングってCDだけじゃなく、アメリカの生活事情を知ることができる情報誌も同封されてくるじゃないですか。あれが意外と役に立つんですよね。

先輩:あの情報誌はネタの宝庫だよ!現地で生活している人と同等の知識が入るからな。

僕 :先輩はまだスピードラーニング続けているんですか?

先輩:俺は英語版はとっくに卒業しちゃったよ。今はもっぱら中国語だよ!

僕 :えっ、先輩、中国語の勉強しているんですか?

先輩:まあな。これからは中国は確実に世界を牛耳ってくるだろうからな。今は正直ちんぷんかんぷんだけど、3年後には中国語をそれなりに使えるようになるつもりさ。

僕 :っていうか、スピードラーニングって英語だけじゃなかったんだぁー。。

先輩:お前、何言っているんだよ。韓国語フランス語もあるぞ。

僕 :そうだったんですかぁー。。スピードラーニングって、なにげに進化してますねー!

先輩:お前、スピードラーニングをナメるなよ!なんていったて、語学学習教材じゃスピードラーニングは老舗だよ。この道、18年だぜ。18年も続くってことは、ユーザーから愛されている証拠だろ。

僕 :新聞でもよく広告見かけますね。

先輩:とにかく、大切なことは、英語を耳にする時間を1分でも増やすことだ。日本語環境で日本語を知らず知らずのうちにマスターしたように英語環境を作ること!そのきっかけとしてはスピードラーニングは最高だってことだよ。

僕 :効果を疑問に思っている人でも、10日間のお試し期間を使えばいいですからねっ!

先輩:そうだな。合わなければ返品すればいいだけ!できる人間に共通していることは、行動力があること!何事もスピーディーに進められること!今すぐ申し込んでみることだな。

スピードラーニング

オススメ! スピードラーニングの効果をリアルタイムで告白する体験談ブログ »




外資系企業で働く先輩の教え その2

とにかく1語でもいいから単語量を増やせ!

僕 :先輩、英語に触れる時間を増やすことの次に大切なことってなんでしょうか?

先輩:それはな・・・自分が知っている単語の数を増やすことだ!

僕 :ボキャブラリーを増やすってことですねっ。

先輩:そうだ。そもそも、単語が分からないと言葉なんて使いこなせないからなっ!

僕 :やっぱり、単語力の方が文法よりも大事なんですかね?

先輩:当たり前だろ!たとえば「Look!」とひとこと言えば「見ろ!」と通じるよな?「Help」と言えば「助けて」だ。「大学で何学んだの?」と聞かれて「心理学を学びました」と答えたかったら「psychology」のひとことで通じるだろ。
いいか、よーく覚えておけ!いざというときに助けてくれるのは文法ではなく単語なんだよ!

僕 :なるほどー!分かりました。確かに、海外でも単語の羅列である程度ネイティブ相手に会話できちゃいますからねっ!では、単語力をつけるにはどうすればいいんですかね?

先輩:それはな・・・・(30秒の沈黙)・・・

僕 :( ゚Д゚) ゴクリッ。。

先輩:毎日、英単語にたくさん接するだけだよっ!

僕 :やっぱり、それっすか・・・?

先輩:なんだ、お前は何かボキャブラリーを簡単に増やす魔法の方法でもあると思っていたのか?

僕 :いや・・・そういう訳でも。。。(冷や汗)

先輩:単語量を増やすには、多くの単語に何度も接するしかないだろう。他に何か良い方法でもあんのか?

僕 :いや、ないっす。。何か楽して単語が覚えられる方法を期待していた僕が間違いでした。。。未熟です。。(^^;)

先輩:俺だって、空いた時間みつけては、単語帳や辞書片手に毎日勉強したもんだよ。ちなみに、今でもやってるよ。

僕 :単語帳ってどれ使っているんですか?

先輩:俺が使っているのはコレだ!

Duo 3.0
鈴木 陽一
4900790052
DUO 3.0 CD復習用
鈴木 陽一
4900790079

僕 :ああー、「Duo」ですかぁー。これ、使っている人、多いですよね?

先輩:そうだな。英単語を大量に覚えるなら、今のところ、この教材にかなうものはないんじゃないか。この単語本と復習用のCDを勉強すれば十分だ。単語と熟語で2600語も収録されているからな。2つそろえても2520円とお手頃価格だし。

僕 :CDには基礎用もありますよね?

先輩:ありゃダメだ。。基礎用は何度も聞くにはちょっと辛いんだよね。。復習用のCDだけあれば十分だよ。

僕 :単語量を増やすのに、他にはどんな勉強しているんですか?

先輩:あとは、英英辞書を使うことだな。

僕 :英英辞書ですか?

先輩:そうだ、英英辞書。英和や和英でもいいだけど、俺は周りのやつと差をつけるため、そしてネイティブと互角に渡り合うために英英辞書も使っているぞ。

僕 :さすが、先輩っすね!

先輩:ちゃんと意味を理解できなくても、なんとなくパラパラめくっているだけで、脳が英語脳になってくるような気がするんだよな。なんとなく、英語がネイティブになったような気が。

僕 :英語脳かぁー。なんか、かっこいいっすね!

先輩:おまけに、英英辞書って意外と安いんだよ。俺が使っている英英辞書はコレだ。

Merriam-Webster's Collegiate Dictionary (with CD-ROM) (Merriam Webster's Collegiate Dictionary)
Merriam-Webster
0877798095

僕 :「Merriam-Webster」ですかぁー。アメリカ英語と言えば「Merriam-Webster」ですね!

先輩:そうだな。海外ドラマもアメリカのものがほとんだからいいんじゃないか。この本は本屋ではなかなか見つけづらいからアマゾンで買った方がいいぞ。かなりでかい辞書だから重たいしな。でも、値段は2,763円とお手軽だよ!

僕 :確か、「Merriam-Webster」ってオンライン版のウェブサイトもありましたよね?

先輩:ああ、「Dictionary and Thesaurus - Merriam-Webster Online」のことだな。このサイトもかなり使えるぞ。単語の発音も聴くことができるしな。でも、やっぱり、紙でめくった方が英語脳になるような気が俺はするけどなっ。

僕 :確かに、そうかもしれないですね。辞書に掲載された大量の英単語を、まるで絵画でも観るかのように脳みそにダウンロードしていくような感覚ですね!

先輩:そうそう。だいたい、英英辞書を使って英語の勉強をしている日本人なんてほとんどいないだろ。そんな状況だから、英英辞書を使った時点で勝ち組になったようなものだよ。もう、意識レベルで違う次元だよ!

僕 :確かに、意識レベル高いっすね!そうそう、先輩、僕がオーストラリアにいた時にコレつかっていたんだけど、どう思います?

eFlashcard
eFlashcard

先輩:なんだこれ?英単語を学べるサイトか?

僕 :そうなんですよー。eFlashcardって言うんですけど、メールアドレスなどを登録すれば、誰でも無料で使える単語学習ツールがメールで届くんですよ。僕、オーストラリアにいた時に、毎朝、このメールを受信して、単語の勉強をしてから語学学校に通っていたんですよ!

先輩:ふーん、いいんじゃないか。自分が購読したいカテゴリーを3つ選べるんだな。ビジネス、グルメ、米国俗語、IT、TOEFL、トラベル、ファッション、TOEIC、Genius、上級ビジネスとずいぶんいろんなカテゴリがあるんだな。俺なら「ビジネス」「IT」「上級ビジネス」といったところかな。

僕 :こんな感じで使うんですよ!

eFlashcard

「suntan」ってどんな意味の単語だっけ?

eFlashcard

「翻訳」ボタンを押すと、単語の意味が出ます。

eFlashcard

「定義」ボタンを押すと、単語の意味がさらに深く分かります。

eFlashcard

「例文を見る」ボタンを押すと、この単語を使った英語の例文が表示。

eFlashcard

「日本語で確認」ボタンを押すと、この例文の日本語訳が表示されます。

先輩:おおー、なんだよ、コレ。なかなかいいじゃん!単語の発音と例文の発音も聞けるジャン!本当に無料なのか?

僕 :無料なんですよー!僕も最初はビックリしたんですけどね。無料で使える割には高機能なんですよね!

先輩:こういったものは、やらないよりは、まずやってみることだな。いつでも解除できるんだろ?

僕 :はい!いつでも解除できます。

先輩:こうやって、自分の周りを英単語で固めて、イヤでも英語に触れる環境を作ることが英語マスターへの一番の早道なんだよ!

僕 :「ローマは1日にしてならず」ってことですね!

先輩:Rome wasn't built in a day.

このページのトップへ

Warning: readfile(/module_analysis.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/tetsuya/drama-english.com/public_html/englishstudy.php on line 484